日刊ロードショー

映画・海外ドラマのコラム、レビュー、ニュースをお届け!

MENU

【トリビア】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』グリンデルバルド役 マッツ・ミケルセンの知られざる10の真実

魔法ワールド最新作『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』で降板したジョニー・デップの代役としてグリンデルバルド役を演じる、マッツ・ミケルセン。2013年から2015年まで放送された海外ドラマ『ハンニバル』にて史上最凶の悪役ハンニバル・レクターを演じたことでも有名な彼の知られざる10の真実を紹介!

 

 

基本プロフィール

www.youtube.com

 

マッツ・ミケルセンは、1965年11月22日デンマークコペンハーゲン生まれ。
身長:183cm
主な出演作:『ハンニバル』(2013-2015)ハンニバル・レクター
      『007/カジノ・ロワイヤル』(2006)ル・シッフル役
      『ドクター・ストレンジ』(2016)カエシリウス

 

真実①:マッツの名の意味

www.youtube.com

 

マッツは銀行員の父と看護師の母の元に生まれ、''マッツ''という名は、マシューと同じ意味を持ち、''神からの贈り物''を意味する。

 

真実②:実はダンサーとして活躍

www.youtube.com

 

マッツは実は、俳優になる前、ダンサーとして活躍していた。
子供の頃は体操選手であったことから、振付師の目に留まり、ミュージカルのバックダンサーとして長らく活躍。

2020年の映画『アナザーラウンド』でもその才能が遺憾なく発揮されている。

 

真実③:アディダス大好き!

映画の中やプレミアに姿を現す時は、カッコいいスーツ姿を見せることが多いマッツだが、プライベートでは大のアディダス好き!
数年前からマッツのアディダス好きはファンの間で話題の中心にあり、プライベートをパパラッチされる時はいつもアディダスのジャージを着ている。
来日した際にもインタビューではアディダスについての質問も彼に飛び…「アディダスのジャージと劇中で着ているようなカッコいいスーツ、どっちが好き?」という質問に…「『ハンニバル』で着ているようなスーツはカッコいいけど、着心地は最悪なんだ。だからアディダスの方が良い」と答え、「機能性が充実していて大好きなんだ」とアディダス愛をこれでもかとばかりに語ったのも、印象的だ。

 

真実④:もっぱらビール党

www.youtube.com

 

とあるインタビューで「ビールとウィスキー、どっちが好き?」という質問を受けたマッツは「ウィスキーはシャワーを浴びないで、香水を大量につける女のようだ」と答えている。もっぱらビール党のようだ。

 

真実⑤:お気に入りの映画は?

マッツ・ミケルセンが愛してやまないお気に入りの映画は、1976年公開のマーティン・スコセッシ監督、ロバート・デ・ニーロ主演『タクシー・ドライバー』。
名画は名優の心をも鷲掴みにする。

 

 

 

真実⑥:ナイトの称号を受勲してる

''北欧の至宝''であるマッツは、2016年にフランスより芸術文化勲章であるシュヴァリエ(ナイト)の称号を与えられた。
その以前にはデンマーク女王よりダネブロー騎士勲章も授与されている。

 

真実⑦:リアーナのMVで放つ圧倒的存在感

www.youtube.com

 

数多くの作品に出演するマッツのキャリアにおいて一際異彩を放っているのが、2015年の''Bitch Better Have My Money''。
実はこれ、リアーナのミュージック・ビデオなのだ!

劇中ではマッツらしい圧倒的な存在感で貫録の表情を魅せており、ひたすらに観ていたい気持ちにさせる。曲より映像に集中してしまうこと請け合いだ。

 

真実⑧:「007」のファンではなかった!?

www.youtube.com

 

2006年公開『007/カジノ・ロワイヤル」で悪役のル・シッフルを演じたマッツは、実は、自らが出演するまで「007」シリーズのファンではなかったと言う。
だからこそ、あそこまで斬新かつシリーズ屈指の悪役像を体現できたのかもしれない。

 

真実⑨:最も背の高いハンニバル・レクター

www.youtube.com

 

マッツの代表的な役柄の一つであるハンニバル・レクター
マッツは同役を演じた最初のデンマーク人俳優であり、これまでレクター博士を演じてきた4人の俳優の中で最も背の高い俳優。
また、『ハンニバル』にウィル・グレアム役で出演しているヒュー・ダンシ―とは2004年の映画『キング・アーサー』で共演以来、非常に親しい友人関係である。

 

真実⑩:人気シリーズに出演し続ける唯一無二の俳優

www.youtube.com

 

マッツはこれまでに『007/カジノ・ロワイヤル』(2006)、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(2016)、『ドクター・ストレンジ』(2016)、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』(2022)の人気シリーズ4作品に出演しているが、実はジェームズ・ボンド作品、「スター・ウォーズ・サーガ」、MARVEL Cinematic Universe、「ハリー・ポッター魔法ワールド」の4つの世界に登場している唯一の俳優でもある。

ちなみに偶然だとは思うが、マッツが演じたキャラクターは死亡していることが多い。

 

あなたは、いくつ知っていただろうか?(文・構成:zash)