日刊ロードショー

映画・海外ドラマのコラム、レビュー、ニュースをお届け!

MENU

【レビュー】あまりにも有名な2人の旅路は永遠ではない…『劇場版 銀河鉄道999』(1979)

1979年に公開された『劇場版 銀河鉄道999』は、TVシリーズとは一味違う構成で展開されていく。やや駆け足ではあるものの、その完璧なストーリーラインを損なうことは一切ない。今回は、あらすじ、感想をお届け!

 

 

『劇場版 銀河鉄道999』あらすじ

www.toei-anim.co.jp

 

身体を機械に変えることで人間が永遠の命を手にした未来。機械の身体を買うことができない鉄郎は、機械の身体をタダでくれる星へ向かう銀河超特急999号に憧れていた。母の命を機械伯爵に奪われた鉄郎は、謎の美女メーテルから999号のパスをもらい、ともに地球を旅立つ。旅をする中、アンタレスや女海賊エメラルダス、キャプテン・ハーロックとその親友トチローに出会い、鉄郎はたくましく成長していく。しかし、999号の終着駅で待っていたのは・・・。

劇場版「銀河鉄道999」ドルビーシネマ版 (toei-anim.co.jp)

 

感想:あまりにも有名な2人の旅路は永遠ではない…

www.youtube.com

 

機械の身体を求めて999に乗り込んた少年・星野鉄郎と謎の美女・メーテル
あまりにも有名な2人の旅路は永遠ではない…。

銀河鉄道に乗り訪れる星々で少年は温かい身体、そして心を持つ人間であることの素晴らしさを知り、逞しく成長を遂げていく。
物語の小気味良さ、キャプテン・ハーロックを初めとしたサブキャラクターのカッコ良さ、秀逸なデザイン、すべてが愛おしく完璧な作品。
希望と喪失を見事に描き切っている。

世界観を表したゴダイゴの一曲が胸にしみる……
 
 

映画情報番組『What's Up Hollywood』YouTubeで更新中!

www.youtube.com